サポステの評判と実態について語る【体験談】

「働きたいけれど、何をすればいいのか分からない・・・」
「また、人間関係でトラブルを起こすのではないだろうか・・・」

働く意欲があってもこのような悩みを抱え、一歩踏み出せずにいませんか?
あなたの就職を支援してくれる人たちがいますので、心配は無用です。

サポステ(サポートステーション)では働くことに悩みを抱えている
15歳~39歳までの若者の就労を支援しています。

実績やノウハウのある各種団体を厚労省が認定、事業を委託し、
実施されているのが特長です。

私自身もサポステを利用して、数々のセミナーに参加して能力を身につけ、
仕事を紹介してもらい働いていました。

その後は退職して、今のブログの仕事をしています。
サポステに興味を持たれている方に、少しでも役立つ情報をお届けしたいと思います。

サポステの実績

全国のサポステ 177ヶ所
総就業者数 10,104人
総利用数  484,139件
就職等率  62.1%
新規登録者数 16,271人
1年未満の就職率 89.0%

 

サポステはどんな人が通うところなのか

15歳以上39歳以下の若年無業者本人とその保護者です。

引きこもりやニートの方、前の職場で人間関係のトラブルを起こした人。
私のように精神疾患で働けなかった人も通っています。

面談に関しては、一人で不安ならば保護者の方と
一緒に受けられるので安心してください。

サポステはどんな支援をしてくれるのか?

一人一人に合った働き方を、あなたと共に模索していきます。
サポステでは数多くの講座があり、自分に必要なものを選び参加します。

私が受講したのは

・ビジネスマナー講座
・ストレスのセルフケア
・履歴書の書き方(添削)


自分がどういう仕事に向いているか分からない人のために、
職業の特性を知る講座もありました。

ワードやエクセルやパワーポイントのパソコン講座も無料で受けられますし、
事務職を目指す方のための講座も無料で受けられます。

サポステのスタッフの印象

私の担当は女性の方で、非常に親切でした。

精神疾患を抱えていたことも考慮されたかもしれませんが、
サポステ以外に通えそうなところを色々紹介してくださいました。

講座の担当のスタッフの中には、やや高圧的な人もいました。
ただ、そういう人と関わり合うことも社会に出る上で必要かもしれません。

臨床心理士の方もいるので、悩みを抱えているならば相談するのもいいでしょう。

私が通っていたサポステでは、残念ながら理解や共感に欠けた臨床心理士の方だったので、
相談してもあまり意味がありませんでした。

スタッフの能力や人間性には個人差があります。
あなたが通うサポステに優れたスタッフがいるといいですね。

Youtubeに、最上もがさんとサポステスタッフの方が語り合う動画がありましたので紹介します。

 

サポステは全国に177ヶ所あるので、相性が合わなければ
他のサポステに通うのもいいと思います。

私のブログでは、障害を抱えている方の就職支援をしている会社と提携しているので、
それらの就労移行支援サービスの記事を書いています。
以下のリンク先にありますので、興味がある方は読んでみてください。

あわせて読みたい
▶今まで投稿した就労支援の記事はこちらから読めます

 

サポステの口コミについて

「サポステなんて行っても意味がない!」

このような口コミがありますが、本当に意味がないのでしょうか?

他の誰かの意見に惑わされずに、自分の人生のことは自分自身で決めることが大切です。

「安い自給で働かされた」とか「お金を払わされた」といった問題があるようですが、
それがいつのことだかよく分かりませんし、少なくとも私はそのような経験は一切ありませんでした。

最上もがさんとサポステ卒業生が語り合う動画もありましたので、紹介します。
実際に利用して、就職した人の意見が最も参考になります。

 

サポステに全てを任せるのはやめよう

サポステに通うことを検討しているということは、社会復帰を目指しているわけですから、
それを実現できるかどうかは自分次第です。

サポステのスタッフの方ができるのは、あなたをサポートすることだけ。
大切なのは自分自身でやるべきことをしっかりとやることです。

本やネットを使って勉強することは欠かせません。

ビジネスマナーや面接の受け方、履歴書の書き方などは
ネット上にも情報がありますので、独学することは可能です。

規則正しい生活は出来ているでしょうか?
社会人として働く以上は、規則正しい生活は必須です。

私は睡眠に問題を抱えていたので、お薬の力を借りながら少しずつ改善していきました。
今の自分が抱えている課題を把握し、克服する努力が必要です。

もし、睡眠に問題を抱えているようでしたら、
以下の記事を読んでみてください。役に立つ情報があるかもしれません。

あわせて読みたい
▶今までの投稿した睡眠に関する記事はこちらから読めます。

 

私が役に立った本は、ビジネスメールの書き方ですね。
十分に使いこなせてはいませんが、今のブログの仕事にも役立っています。

何もかも他人に教えてもらおうとか考えてはいけません。
自分の人生は自分自身の力で切り開いていくのです。

サポステのまとめ

サポステでは仕事をする上で必要な講座を無料で受けられます。

サポステのスタッフの能力には個人差がありますし、
自分との相性も大切です。良い支援者を見つけることが重要です。

サポステに全てを委ねるのは止めましょう。

サポステに興味を持ったということは、働く意欲が出てきているということです。
それは非常に素晴らしいことだと思います。

まずはサポステに行って、面談を受けてみるといいでしょう。
通い続けるかどうかはその後に決めればいいのです。

サポステの雰囲気やスタッフの方がどういう人なのかを見てみましょう。
悩んでばかりでは前へ進めませんので、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

サポステ[地域若者サポートステーション]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回はDメロについての解説を行います。Dメロは大サビとも呼ばれることがあります。Dメロは決め…
  2. 健康な人生を歩むためには、質の高い睡眠を取ることが最も大切です。しかし、現代人は不眠に苛む人が多…
  3. 今回は『アレンジャーが教える編曲テクニック99』著者: マニュアル・オブ・エラーズをレビューし…
  4. 仕事を辞めたいけれど、退職することを言い出せずに悩んでいませんか?退職代行サービスの利用を検討し…
  5. 曲を作り続けて量産すれば、作曲の実力が上がるのでしょうか?「いい曲を作りたければとにかくひたすら…
  6. コード進行の勉強を進めていくとダイアトニックコードだけの進行から抜け出し、セカンダリードミナント…
  7. うつ病は気持ちの沈みや意欲の低下、今まで好きだった趣味が楽しめなくなったりと、重く苦しい病気です…
  8. 今回紹介するミラトレは、就職に関する悩みを抱える障害者を支援する『就労移行支援サービス』を提供し…
PAGE TOP