退職代行を使って辞めることは卑怯で恥ずかしいことなのか?

会社を辞めたいけれど、自分の口から言い出せずにいませんか?

そんな時に、退職代行サービスの利用を検討するけれど、
「退職代行を使うのは卑怯で恥ずかしいことだ!」
という言葉が、頭の中によぎるかもしれませんね。

今回は、退職代行の実態を調査した私が、退職代行を利用することが
本当に卑怯で恥ずかしいことなのかを語りたいと思います。

退職代行を使うことは卑怯で恥ずかしいことではない

最初に断言しておきます。

退職代行を使うことは卑怯で恥ずかしいことで全くありません。

退職代行のことを調べれば調べるほど、退職代行の利用を検討する人たちに同情し、
それを引きとめる会社に憤りを感じるようになります。

退職代行の利用する理由は様々ありますが、苦渋の決断であることが多いです。

  • 退職届を出しても受け取ってもらえない
  • 退職することを伝えたら、怒鳴られたり脅されたりする
  • 上司が怖くて退職することを言い出せない

同僚が退職する意向を上司に伝えたら、何時間も怒鳴られながら説教され、
それ以来、退職することを怖くて言い出せなくなったというケースもあります。

「辞めたら殺すぞ」と脅された人もいるのです。

そもそも退職しようと思ったきっかけも、その会社が作っていることが多いです。

・パワハラやセクハラを行い、社員を苦しめる上司
・長時間労働がいつまでも改善されないブラック企業

このようなことが原因で退職することを決めたにもかかわらず、
今度は退職を「理不尽な理由」で引き留めようとするのです。

いつまでも会社を辞められすに、心身の健康を崩してしまい、
うつ病になったり、死にたくなったりという悩みを抱えている人がいます。

何のために生きているのか分からない、という深刻な状況に陥っているのです。

このような事情を知っても、退職代行を利用することが
卑怯で恥ずかしいことだと思うでしょうか?

第三者の人たちは「退職できない実態」を知らずに、
退職代行を利用することを「卑怯」「恥ずかしい」「ありえない」「情けない」と言っているのです。
そんな人たちの言うことを聞く必要はありません。

どう考えてみても、本当に卑怯で恥ずかしいのは退職させない会社です。

自分を責める必要は全くありません。

あわせて読みたい
退職代行を利用することに罪悪感を感じる人に知ってほしい4つのこと

 

退職代行を恥ずかしがらずに利用しよう

この記事を読んでいるあなたは、退職代行の利用を検討しているかもしれませんね。
でも、なかなか一歩踏み出せずに悩んでいるのではないでしょうか?

  • 「退職することは、自分の口から言わないといけない」
  • 「他の人に退職代行を任せるのは恥ずかしいことだ」
  • 「辞めたら同僚たちに迷惑をかけてしまうかもしれない」

このようなことを考えているかもしれません。

退職代行を利用する人は、真面目で責任感が強い人が多いのです。
不真面目で責任感がない人は、嫌な会社をバックレてしまいます。
退職することを会社に伝えなければいけないという発想がありません。

それに対して、退職代行を利用する人は

「退職したいけれど、黙ったまま会社を辞めるのはよくない」

と考えているのです。

でも、辞めさせてくれない。辞めにくい雰囲気があり、言い出せずにいる。
だからこそ、お金を払ってでも退職代行サービスを利用するのです。

退職代行を利用することは、全く卑怯でも恥ずかしいことでもありませんよ。

怖くて嫌な上司に退職することを伝えづらいのは、みんな同じです。
誰かに頼めるなら頼みたいと考えている人は多いのです。

だからこそ、退職代行サービスが生まれたのです。
それを利用することは、全く卑怯でも恥ずかしいことでもありません。

同僚に気を遣う気持ちも分かります。優しい心の持ち主だと思います。
でも、自分の人生と心を優先するべきです。

劣悪な労働環境の中で耐え続けていても、どんどん不幸になるだけです。
会社も同僚もあなたの人生のことを真剣に考えてくれません。

退職の問題に限らず、自分一人の力で乗り越えられない壁を、
周囲の人と協力して乗り越えることはむしろ素晴らしいことです。

胸を張って退職代行を利用していいのです。

退職代行サービスを選ぶポイント

退職代行サービスを行う業者は多いですので、選び方が分からないという人もいると思います。
そんな人のために退職代行サービスを選ぶポイントを紹介します。

私のブログと提携している業者は退職代行の成功率は100%です。

退職代行SARABAだけは100%ではないのですが、
これは依頼者が退職ではなく、休業を選んだからです。
退職代行に失敗したとは言えないと思います。

「訴えられたりしないのかな……。」と不安に感じるかもしれませんが、
訴えられるケースはほぼありません。
会社側にとっても、費用と時間をかけて裁判を行うメリットはほぼありません。
訴訟の可能性は0ではありませんが、過度に怯える必要はありません。

ほぼすべての業者が無料相談を行っているので、
複雑な事情や、退職する際の希望があれば事前に伝えておくのかいいです。

「余計なトラブルに巻き込まれたくない」という人には、
法律のプロである弁護士が行っている退職代行を利用することをおススメします。

本来、金銭の交渉などは弁護士でなければやってはいけないのです。

サービス残業や給料の未払いを望まれる方は、非弁の退職代行業者ではなく、
弁護士が行う退職代行サービスを利用するのがいいでしょう。
料金はやや高めですが、安心して任せることができます。

パワハラやセクハラの損害賠償を請求する場合も、弁護士に相談するのがいいです。

怒りには同情しますが、証拠がないと立証できませんので、
一人で対処しようとせず、弁護士に相談することが必須です。

あわせて読みたい
弁護士法人みやびの退職代行サービス|法律の専門家だから安心!!

 

退職代行の実態を調査した内容をまとめたもの、
退職代行を利用して失敗したケースを示した記事を書きました。
退職代行の失敗の可能性は0ではありません。稀に起こることはあります。
それがどういうケースだったのかを知ることも大切です。

仮に失敗してもそれで終わりではありませんので、心配しないでください。
退職代行の失敗を救済してくれる業者もあります。

以下の記事で書きましたので、興味がある方は読んでみてください。

あわせて読みたい
退職代行サービスの実態とは?特徴を比較しおススメ業者の評判を紹介

 

ストレスが溜まる会社だと、毎日が憂鬱な気持ちになってしまいます。
会社で働いていないときも、不快な気持ちが心を埋めてしまいます。

どうにかそういう人を助けることができないかと思い、
退職代行のことを調べてこの記事を書きました。

私は仕事が原因ではないのですが、ストレスが溜まる環境で
長い期間過ごしたことでメンタル疾患になり、苦しみました。

現在も完治したわけではありませんが、同じような思いをしてほしくなく
退職代行の利用を勧める記事を書き続けています。

心がパンクしてしまうと、辛いだけでなく治るまでに時間がかかります。
そうなる前に必要な措置を取ることが大切です。

あなたが働きやすい会社で仕事ができる日を、心から願っています。

あわせて読みたい
今までに投稿した退職代行の記事はこちらから読めます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. コード理論を解説している理論書は多いですが美しい響きを作り出すノウハウを紹介しているものは少ない…
  2. 「短調のコード進行って難しいな」って感じることありませんか?短調には三つのスケールがあってそれぞ…
  3. ドミナントモーションとはドミナントからトニックへの進行のことを言います。G7→Cというコード進行…
  4. カノン進行というのはJPOPのヒット曲でもよく使われるコード進行のひとつです。クリシェの響きが綺…
  5. 異なる価値観を持った人々が生活するこの社会の中で、何もストレスを抱えることなく生きていくことは難…
  6. 『春雷』は2017年にリリースされた米津玄師の通算4枚目のアルバム「BOOTLEG」に収録されて…
  7. 今回の記事ではダイナミクス系エフェクトの基礎を解説します。初心者の方にはとっつきにくい印象がある…
  8. 今回は米津玄師の『orion』のレビューを行います。orionはNHKで放送された3月のライオン…
PAGE TOP