【書評】SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

今回は『SLLEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 』のレビューを行います。

本書は睡眠の問題を解決する21の方法が掲載されています。
そのどれもが誰でもすぐに実践できるものなので、
きわめて実用的であると言えます。

睡眠不足に悩まされている方におススメの一冊になっていますので、
その内容を詳しく紹介したいと思います。

あわせて読みたい
【書評】スタンフォード式最高の睡眠|迷うことなく読むべき名著

『SLLEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 』のレビュー

CHAPTER1「睡眠は人生の全てを左右する」という題なので、
著者の睡眠に対する、あるいは本書に対する情熱が伝わってきます。

著者のショーン・スティーブンソンさんは大学生の頃に、
退行性骨疾患および退行性椎間板変性症だと診断され、
それから非常に苦しい療養生活を強いられることになります。

しかし、そこから健康に対する意識が高まり、とりわけその中でも
「睡眠」に対して本気で学ぶようになったのです。
本書を読むとその「本気度」がよく伝わってきます。

「睡眠とは何か」「なぜ睡眠が大切なのか」という疑問に次々に答えていってくれます。

21のCHAPTERに分けて解説されていて、そのCHAPTERの最後には
まとめが掲載されているので、非常に読みやすくなっています。

図やイラストは少なめで、文章による解説がほとんどですが、
読みやすいので全く苦になりません。

カフェイン、光、運動が睡眠に影響を与えるといった多くの睡眠の
専門書で触れられているテーマはもちろんのことですが、
睡眠に適した寝室の作り方や、ダイエットやマッサージ、
瞑想や寝具に関することまで書かれています。

私はそのすべてを実践したわけではありませんが、
それらの知見が、寝不足に悩まされている方を助けることは間違いありません。

CHAPTER15の「最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる」の内容は
なかなか興味深いものでした。

6つの寝る姿勢を、図を使いながら解説していて、
それぞれの姿勢の特徴が描かれています。

とはいえ「最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる」は
さすがに言いすぎだとは思います 😛 

運動が睡眠に与える影響はかなり詳しく書かれています。
運動する時間帯やその運動の内容について解説されています。

睡眠不足が運動不足を招き、運動不足が睡眠不足を招くという
関係になっているのは新しい発見でした。
運動を続けることで、睡眠の悩みが解決されるということなのです。

「脂肪過多が睡眠を阻害する」の内容も驚きでした。

太りすぎが体に良くないことは分かりますが、
睡眠にも大きな影響を
与えているのはよく知りませんでした。

「痩せたいなら夜遅くにものを食べてはいけない」という記述があります。

心当たりがある方は本書を読んで、ダイエットに励み、
睡眠の質を高めてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
▶今までの投稿した睡眠に関する記事はこちらから読めます。

睡眠に関する情報が多岐にわたっているので、本書を読むだけで
寝不足を解消したり、仕事や学習のパフォーマンスを上げることが可能です。

自分の体に合った寝具を選ぶことの重要性も
知らない人は多いのではないでしょうか?

枕やマットレスの選び方についても触れられていますので、
寝具の知識がない方にも本書はおススメできます。

睡眠薬やサプリメントのことを知りたい方もいる方と思いますが、
本書には睡眠薬の記述はありません。

睡眠薬が必要と感じるくらいまで、睡眠の質が悪化しているのであれば、
病院へ行き医師と相談するのがいいでしょう。

睡眠サプリメントに関しては少し触れられていますが、
やはり、生活習慣の見直しを先に行うべきだと書かれています。

薬やサプリは最後の手段として考えた方がいいでしょう。

ひとことで寝不足だと言っても、その原因は人によって異なります。
しかし、本書の内容は何度も述べているように多岐にわたって書かれているので、
あなたの睡眠の問題もきっと解決してくれるはずです。

迷うことなく本書を手に取り、読んでみてください。
必ず、質の高い睡眠がとれるようになれますよ。

ショーン・スティーブンソン (著), 花塚 恵 (翻訳)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 寝不足な日々が続くと、日中も眠気がありますし、仕事や勉強に 集中できなくなり、辛いですよね。…
  2. 自分で作曲するにも楽器を弾くためにも、コード進行パターンを増やしたいと考えている人は多いでしょう。…
  3. 今回は鬼束ちひろの『Infection』のレビューを行います。デビュー曲のインパクトが強かったの…
  4. 退職を考えてはいるけれども、なかなか行動に移せない人がいます。他にも上司が高圧的な人で退…
  5. 仕事を辞めたいけれど、退職することを言い出せずに悩んでいませんか?ストレスが溜まる環境に長く身を…
  6. ぐっすりよく眠れないと日中に眠気が来て困りますよね。質の高い睡眠がとれないと仕事や勉強のパフォー…
  7. うつ病になる原因ははっきりとしていませんが、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンといった脳内…
  8. 「コード進行を作ってみたけれど自分の思い通りのサウンドにならない」音楽活動をされている方なら一度…
PAGE TOP