セカンダリードミナントには何のスケールを使えばいいの?

コード進行の勉強を進めていくとダイアトニックコードだけの進行から抜け出し、
セカンダリードミナントを使った進行を学ぶことになると思います。
部分的に転調して雰囲気を変えることによって楽曲のクオリティもグッと上がった、
そういう経験を持った人もいるでしょう。

しかし、コード進行の引き出しが増えたという点ではいいのですが、
そこで何のスケールを使ってフレーズを作ればいいのかを
理解している人はさほど多くはないでしょう。

そこで今回は

「セカンダリードミナントが使われたコードに対して、
どのスケールを使いメロディーを作っていくか」

について解説していきたいと思います。

セカンダリードミナントについてまだ学んだことがない方は以下の記事をお読みください。

セカンダリードミナントのスケールの基礎知識

私もポピュラー音楽向けの理論書を読む機会が多いのですが、
スケールに関して詳しく書かれているものに出会うことはほとんどありません。
確かに演奏や作曲のときには、スケールの知識がなくても感性に頼ればなんとか乗り切れるかもしれません。

ただし、編曲を行うようになるとなかなかそうはいきません。

特に複雑な転調が絡んだコード進行の際には、
スケールの知識がないとなかなか良いフレーズは作れないのではないでしょうか?

また、そのコードに使えるスケールというのは一つではなく複数ある場合もあります。

そのスケールで思いどおりのフレーズが作れなければ、
別のスケールでフレーズを作ることが出来るのです。

上の譜面はダイアトニックコードだけで作られたコード進行と、そこで使われるスケールの一覧です。

・CにはCアイオニアン
・AmにはAエオリアン
・Dm7にはDドリアン
・G7にはGミクソリディアン
がそれぞれ使われています。

勘のいい人なら気づいたかもしれませんが、
全てCメジャースケールの順番を並べ替えただけのスケールです。

「それならCメジャースケールでフレーズを作ればいいのでは?」

こういう反論をされる方がいると思います。
確かにこのコード進行ならばそのやり方でも通用するでしょう。
少なくてもポピュラー音楽に関しては転調がなければスケールの知識はさほど役には立ちません。

しかし、現代のポップスで転調の要素が全くない曲は皆無といえます。
よって、スケールの知識はやはり必須なのです。

セカンダリードミナントスケールはコードトーンを並べて考える

 下の譜面はセカンダリードミナントを使った代表的な進行です。

前のコード進行と比べるとAmをA7に変えただけと分かります。

このA7 - Dmの進行がKey in CではVI7 - IIm7という進行になっており、
Key in Dm から見た場合、Ⅴ7 - Im7という進行になっています。

このA7のところでCメジャースケールでフレーズを作ってしまうと、
A7のM3のド#とスケールのドがぶつかり、響きが濁る可能性があります。

※M3とはメジャーサードと読み、日本語だと長3度のことを表します。

スケールの考え方はいくつかありますが

「まずコードトーンを並べて、その間を何の音で埋めるのか」

これがオススメです。

セカンダリードミナントにおススメできる2つのスケール

「Cメジャースケールの音で埋めればいいのでは?」

このように考えた人もいると思います。

実はこの考え方はシンプルでありながら、なかなか鋭いです。

A7のコードトーンであるラ・ド#・ミ・ソと並べておき、その間を
シ・レ・ファで埋めるとAミクリディアン♭6というスケールが出来ます。

このAミクリディアン♭6はこの場面で最も多く使われるスケールと言っていいでしょう。

ただし、ここで使えるスケールは他にもあるのです。これがスケールの面白いところで、
状況によってスケールを使い分けることが出来るのです。

具体的には

・元の調は何なのか?
・前後のコードとそこで使われるスケールは何か?
・曲調やジャンルを考慮する
・作曲家(編曲家)の好みや意図は何か?

といったところです。

あまり難しく考えなくても

「そのスケールを使って色々とフレーズを作ってみて、一番しっくり来たものを選ぶ」

というやり方で構いません。

先ほどのA7のところで、Aミクリディアン♭6以外で使えるものとして有力なのはAHmp5↓スケールです。

Aミクリディアン♭6との違いは2度の音だけです。

Hmp5↓スケールは

『ハーモニック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロウ・スケール』

という長々として覚えにくい名前です。

長いので私はHmp5↓スケールと略しています。読むときにも長くて言いづらくて嫌ですよね。

ある音楽系のブログではこのスケールの読み方について
「長いからビロウでいい」と書かれていて、私もそれに賛同しました 😀

音楽用語に限らず、難しく覚えづらい名前というのは学習するモチベーションを下げるので、
短い言葉に言いかえるのがいいでしょう。

Hmp5↓の構成の説明を聞くとこれもやや難しく感じるかもしれません。

「完全5度下の音を主音としたハーモニック・マイナー・スケールを完全5度から並び替えたスケール」

という構成になります。

AHmp5↓ならばAの完全5度下の音、つまりD(レ)を主音とした
ハーモニック・マイナー・スケールを並べておき、
その完全5度であるA(ラ)から並び替えたスケールということになります。

スケールの覚え方に関してはもっと分かりやすいものがありますので、
この覚え方でなくてもいいです。

ところでハーモニック・マイナー・スケール(和声的短音階)の特徴を覚えていますか?

義務教育の音楽の授業で習ったかと思いますが、ここで復習しましょう。

短調には3つのスケールがあります。

ナチュラル・マイナー・スケールではV7の導音が存在しないので7番目の音を半音高めて作り出します。

これがハーモニック・マイナー・スケールです。

7番目の音を半音高めた結果、6番目と7番目のインターバルが増2度になり、
旋律を作るうえで不自然な響きになります。

そこで6番目の音を半音高めます。

これがメロディック・マイナー・スケールです。

今説明したように、ハーモニック・マイナー・スケールでは6番目と7番目のインターバルが増2度で、
旋律を作るうえで不自然な響きになりやすいです。
あえてその不自然さを狙うならいいのですが、そういう意図がなければ気を付けなければいけません。

Hmp5↓もハーモニック・マイナー・スケールの5番目から並び替えたスケールですから
増2度のインターバルが存在します
Hmp5↓の場合は2番目と3番目のインターバルが増2度です。

ですから、このスケールを使うときにはそこを留意してください。

作曲するときサブドミナントマイナーコードには何のスケールを使えばいいの?

コードスケールの補足

今までスケールのことを学んでこなかった人も今日の解説で少しは理解が深まったのでないでしょうか?

セカンダリードミナント以外にも部分転調するコードはたくさんあります。

サブドミナントマイナーや裏コード、ドッペルドミナントなどいくつかありますよね。
他にもサスフォーコードや分数コード、ディミニッシュコードなど・・・。

このようなコードが出てきたときに何のスケールが使えるかをキチンと学ぶ必要があります。

スケールの知識がなくても感性に頼りながらフレーズは作れるかもしれませんが、
感性に頼るやり方ではいつか必ず壁にぶつかります。
そもそも理論を学ぶことと感性を大切にすることは矛盾しません。
車の両輪のように両方が機能して初めて前に進みだすのです。

難しい、めんどくさいなどと言って怠けることは簡単ですが、
素晴らしい音楽を作るためにはこういう理論を学ぶことは欠かせません。

もし、あなたが今よりもっと優れた楽曲を作りたいという気持ちがあるならば
ぜひ、スケールに関してもっと詳しく学んでみてください。

その知識と経験は必ずあなたの音楽活動の手助けになります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 心療内科に通おうと思っていても、どの病院に行けばいいのか分からない、何を聞かれるか分からなくて不…
  2. 今回は、発達障害の方に向いている仕事が見つかる、就労支援サービスの魅力と特徴を紹介します。…
  3. 今回はハーフディミニッシュコードについて解説します。このコードは特に長調の曲においては存在感が薄…
  4. 2018年8月8日。あいみょんの『マリーゴールド』がリリースされました。あいみょんは新世…
  5. 寝不足な日々が続くと、日中も眠気がありますし、仕事や勉強に 集中できなくなり、辛いですよね。…
  6. あなたは曲を終わらせるときにどんなコード進行を使っていますか?「終わりよければ全てよし」という言…
  7. 編曲初心者シリーズ第2弾!今回はアレンジの土台になるドラムの解説を行います。ドラムには生楽器とシ…
  8. 作曲や編曲を行っていると思い通りの曲が作れず、「センスがないなぁ……。」と悩むことがあります。…
PAGE TOP