米津玄師『春雷』を楽曲分析|サビよりAメロが印象的な曲

春雷』は2017年にリリースされた米津玄師の通算4枚目のアルバム
「BOOTLEG」に収録されている曲です。今回はこの曲をレビューします。
タイトルは「春の到来を伝える雷」という意味のようですが、
それをどのように音楽で表現するのか楽しみですね。

あわせて読みたい
▶今まで投稿した楽曲分析の記事はこちらから読めます。

 

あわせて読みたい
▶米津玄師の楽曲分析記事はこちらから読めます。

 

米津玄師『春雷』


イントロはグロッケンのフレーズから曲が始まります。
このフレーズは後に繰り返し使われる
ことになりますが、その使い方には疑問が残ります。
この点は後述します。
2小節後にはシンセがグロッケンのフレーズに重ねられています。

ギターのフレーズはなかなかカッコいいですし、ドラムも音色がいいですね。
キック、クラップ、ハイハットいずれも曲に合った音が使われています。
リズムパターンは普通ですが、選択した音色が曲に合っているので心地よく聴こえます。

(0:19)
Aメロは細かいリズムでやや早口のフレーズになっています。
なかなかカッコよくていいですね。ギターのミュートも上手に曲を彩っています。
8小節演奏して繰り返しのAメロになりますが、ここでは新しい音を加えるのがアレンジの基本です。
しかし、この曲ではそれが上手くいっていません。

グロッケンのフレーズを足しているのですが、これはあまり良くありません。
なぜなら、イントロで聴いたばかりなので新鮮味がないということと、
このフレーズが
サビでも使用されているからです。

グロッケンの8分音符のフレーズというのはキラキラしていて印象に残りますが、
頻繁に使うものではありません。
サビでこのフレーズを使うのであれば、Aメロでは違う楽器を加えるべきです。

(1:52)
2回目のAメロですが面白い工夫が施されていますね。
厳密には1回目のAとは異なるフレーズがここで使われています。

1回目のAは早口のフレーズでしたが、ここでは8分音符で
淡々と歌い上げる
フレーズに変えています。これは珍しい構成だと思います。

やはり同じフレーズを繰り返すだけになると単調で退屈な曲になりがちですが、
このような工夫を入れることで曲のクオリティーを高められるのです。
8小節後にはブレイクを入れた後に元のAメロに戻ります。

この一連の流れは非常に良いアイディアだと感じました。

【楽曲分析】米津玄師の『アイネクライネ』をレビュー【フルPV】

(0:50)
Bメロに入り、歌のメロディーに工夫が施されています。
16分の後に付点8分が付く
メロディーになっています。
上手にAメロとのメロの違いを出しています。
アレンジではシンセのフレーズが入ってきて曲を彩っています。

これはいいのですが、途中のパーカッションは微妙ですね。
カウベルを入れているのですが、あまり曲との相性が良くないように感じます。
グロッケンやカウベルといった生の打楽器を使う一方で、
シンセを入れているのですが、
組み合わせがいまいちですね。
悪くはありませんが、パッとしない感じです。

サビに入る直前のSEは面白いことですね。あまり聴いたことがありません。

(1:06)
サビのメロディーは及第点です。やや盛り上がりに欠けますね。

アレンジではギターのミュートのフレーズが加わっています。
さらに、イントロで使われたグロッケンのフレーズが加わり曲を彩りますが、
やはりここで使うのであれば、Aメロでは控えるべきだったでしょう。

「また、同じグロッケンのフレーズが出てきた……。」という印象をリスナーに与えてしまいますからね。

サビ後にはイントロと同じフレーズが使われています。
コーラスを入れて変化を与えていますね。これは非常に良いです。

【楽曲分析】米津玄師の『春雷』をレビュー【フルPV】

(3:09)
間奏ではギターとベースとシンセの組み合わせが非常にカッコイイですね。

ここではこれまでの展開とは少し違った雰囲気を出すのがいいのですが、
上手にアレンジされていると思います。
ハイハットを抜いて抑えぎみなアレンジに
しているのも基本とはいえ、ポイントは高いです。

しかし、その後のDメロの出来は明らかに悪いです。

メロディーのクオリティーが低いですね。何を歌っているのかよく分かりません。
アレンジの効果でなかなか良い雰囲気は作られていますが、
肝心のメロディーが
これでは曲のクオリティーは高まりません。

最後のサビに入る前にブレイクが上手に使われていますね。
このアーティストの曲はブレイクの使い方に何がある曲が多いのですが、
この曲では上手に使われています。

(3:56)
特にアレンジに変化はありませんね。

グロッケンのフレーズはここだけに使うのでも良かったですね。
やはり最後のサビというのは曲の中で一番盛り上げたいところですから、
前のサビと比較して何も変化がないというのは寂しいです。アウトロも同様に変化はないようですね。

米津玄師『春雷』の総評

凡庸な曲でしょうかね。

2回目のAメロのアレンジはなかなか興味深かったです。
Dメロの出来は残念ですね。他の曲でも上手くいっていないことが多いです。

グロッケンの使い方は、もう少ししっかりと考えたほうがいいでしょう。
曲の全体像をイメージしつつ、どこでそのフレーズを入れるのが最適なのかを適切に判断できるかが、
クオリティが高い曲を作る上で大切なことなのです。

あわせて読みたい
▶今まで投稿した楽曲分析の記事はこちらから読めます。

 

あわせて読みたい
▶米津玄師の楽曲分析記事はこちらから読めます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 世に出回っている音楽理論書ではコード理論のことは解説されていますが、スケールに関してはあまり触れ…
  2. ドミナントモーションとはドミナントからトニックへの進行のことを言います。G7→Cというコード進行…
  3. ブラック企業や、セクハラやパワハラを始めとするハラスメントの問題はメディナなどで取り上げられ、社…
  4. 自分で作曲するにも楽器を弾くためにも、コード進行パターンを増やしたいと考えている人は多いでしょう。…
  5. 作曲を行っているときに「Bメロが出来た。でも、次のサビに上手くつながらないなぁ」このよう…
  6. 今回はエレキギターの具体的なフレーズ紹介を行っていきたいと思います。特に編曲を行う人はあらゆる楽…
  7. 異なる価値観を持った人々が生活するこの社会の中で、何もストレスを抱えることなく生きていくことは難…
  8. 今回は、発達障害の方に向いている仕事が見つかる、就労支援サービスの魅力と特徴を紹介します。…
PAGE TOP