ハーフディミニッシュコードの意外な使い方【作曲&コード進行】

今回はハーフディミニッシュコードについて解説します。

このコードは特に長調の曲においては存在感が薄く、使い方が難しいと思われている方もいると思います。
しかし、ハーフディミニッシュコードの構成を学んでみると意外な使い方があることに気がつきます。

それらを今回紹介したいと思います。

ハーフディミニッシュコードの基礎知識

ハーフディミニッシュコードは『マイナー・セブンス・フラット・ファイブ・コード』とも呼ばれることがあります。
どちらの呼び方も正しいので両方覚えておくといいでしょう。

名前を読むと分かるようにマイナーセブンスコードの5度の音を半音下げたコードになっています。

上の譜面に示されているようにディミニッシュコードとの違いも7度の1音だけとなっています。
ハーフディミニッシュコードの第7音を半音下げればディミニッシュコードになります。

このようにコード理論は丸暗記するのではなく、
他のコードとの違いを学ぶことで効率よく覚えることが出来るのです。
他のコードも同様のやり方で覚えられます。興味がある方は以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
『ハ長調のコード進行しか分からない』から今すぐ抜け出す方法

 

ハーフディミニッシュコードの使い方

ハーフディミニッシュコードの具体的な使い方について解説します。

ディグリーであらわすと長調ならば ⅤIIm7♭5として、
短調ならばIIm7♭5として出てくることが多いです。
短調のツーファイブワンのツーが主な使われ方でしょうか。

短調のツーファイブワンのツーのコードは、
マイナーセブンスコードとハーフディミニッシュコードの両方が使われます。

IIm7→V7とIIm7♭5→Ⅴ7の2パターンがあるということです。

長調の曲においては、セカンダリードミナントをツーファイブに分けたときの
ツーのコードとして使用されることがあります。
セカンダリードミナントでは解決するコードをIm7として、
その前にドミナントセブンスコードを置くわけです。

そしてそれをツーファイブに分けるわけですから、
基本的には短調のツーファイブワンと同じということです。

ドミナントセブンスコードの代理コード

ハーフディミニッシュコードの構成を見てみると、
ドミナントセブンスコードとの共通点に気がつくはずです。

Key in CならばG7とBm7b5ですが、この2つのコードは共通音が非常に多いのです。
G7のルート音であるG(ソ)を省略するとBmb5になるのです。
さらにはG9のルート音であるG(ソ)を省略するとBm7b5になります。

よってハーフディミニッシュコードとドミナントセブンスコードは、
代理コードの関係になっているということです。
この考えには異論があるかもしれません。
しかし、ⅤIIm7♭5→Iという進行は成り立ちます。

和声学では根音省略形と言って、この和音が使われることは珍しくありません。

コードの連結に気をつけましょう。

ドミナントセブンスコードの代理として使うなら、導音は主音へ、
第7音は2度下行させるのが自然な響きになります。
通常のドミナントモーションと変わりません。

ハーフディミニッシュを使う場合はルートが導音になるので、
ベース音が短2度上行して主音へ進ませるということです。
9th(ナインス)も2度下行させるのがいいでしょう。

あわせて読みたい
ディミニッシュ・コードの簡単な覚え方と使い方を学ぼう

 

ハーフディミニッシュコードをクリシェで使う

ハーフディミニッシュコードの別の使い方ですが、クリシェの中で出てくることがあります。

CmM7→Cm7b5→Cdim7→Cm7b5→Ddim7進行を作りました。

ホラー音楽っぽくなっていますが普通のポップスでも、
クリシェの中でハーフディミニッシュを使うことはできます。
あなたも試行錯誤を繰り返し、ハーフディミニッシュコードの可能性を探ってみてください。

あわせて読みたい
今まで投稿した音楽理論の記事はこちらから読めます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 12の調が時計のように並べられた五度圏。いったい何のために使うのかよく分からない、という人もいる…
  2. 一時的に転調させて雰囲気を変えられるコードのひとつにセカンダリードミナントがあります。セカン…
  3. うつ病は早期に発見し、適切な治療を施すことがきわめて大切です。そのためには、うつ病が疑われるサイ…
  4. 「コード進行を作ってみたけれど自分の思い通りのサウンドにならない」音楽活動をされている方なら一度…
  5. 今回は『アレンジャーが教える編曲テクニック99』著者: マニュアル・オブ・エラーズをレビューし…
  6. 編曲初心者シリーズ第2弾!今回はアレンジの土台になるドラムの解説を行います。ドラムには生楽器とシ…
  7. 作曲をするにしても楽器を演奏するにしても初心者の方が、最初に学ぶ音楽理論はコード進行ではないかと…
  8. 編曲家というのは様々な楽器の特徴やよく使われるフレーズなどを絶え間なく勉強し続けます。そ…
PAGE TOP