作曲するときサスフォーコード(sus4)には何のスケールを使えばいいの?

世に出回っている音楽理論書ではコード理論のことは
解説されていますが、スケールに関してはあまり触れられていません。

スケールの理論を知らなくても感性に頼って作ることも出来ますが
私の経験上、そのやり方では必ず限界が来ます。

そこで今回はサスフォーコードに使われるコードスケールについて解説します。
しっかり学んで使いこなせるようにしましょう。

サスフォーコードについてのおさらい

今回はサスフォーコードとその代理コードには
何のスケールを使うことが出来るのかを解説していきます。

その前にサスフォーコードを復習しておきましょう。

サスフォーコードは主にドミナントセブンスコードの前に使われ
そのまま主和音であるIに進行することが多いです。

Key in CならばG7sus4 – G7 - Cという進行です。

サスフォーコードとドミナントセブンスコードとの違いは1音だけで
ドミナントセブンスコードのM3を短2度(半音)上げるだけです。

サスフォーコード(sus4)とその代理コードの使い方に関しては
以下の記事を参考にしてください。

サスフォーコードのスケールは難しくない

私はこれまでにセカンダリードミナントやサブドミナントマイナーコードで
使われる可能性があるスケールについて解説してきました。

今回のサスフォーコードに関しては今までと比べれば
それほど難易度は高くないといえます。

セカンダリードミナントやサブドミナントマイナーコードは
一時的な転調が絡んでいるのでスケールの学習はやや複雑だといえます。

サスフォーコードに関しては転調しているわけではないので
スケールの幅はそれほど広くないのです。

まずはドミナントセブンスコードとそこで使われるスケールに関して学びましょう。

Key in CならばG7になります。

転調がなければここでは主にGミクソリディアンが使われます。
以下の図でコード進行とスケールを確認しましょう。

どのスケールもCメジャースケールの順番を並び替えただけの構成になっています。

次にミクソリディアン・スケールの特徴を確認しましょう。

コードトーンはR-M3-P5-m7です。
テンションノートは9thと13thでアボイドノートはP4です。

これらはルートがGに限らず全てのミクソリディアンに
同じことが言えます。

G7でGミクソリディアンが使われた場合はソシレファがコードトーンで
アボイドノートであるドの音を使うのに注意が必要だということです。
テンションノートはラとミになるということです。

さて、それではサスフォーコードだとどうなるのでしょうか?

G7sus4で解説すると、コードトーンがソドレファになります。
そしてアボイドノートがP4からM3に変わるので
ドの音はコードトーンでシの音がアボイドノートになるのです。

サスフォーの代理コードであるIIm7onV(Dm7onG)でも同じです。

それほど難しくないのですぐに覚えられると思います。

サスフォーコードの代理コードのスケール

サスフォーコードには様々な代理コードがあります。
その中の一つにFm on Gというコードがあります。

この場合にはミクソリディアンのM2を増1度(半音)下げて
ミクソリディアンb2スケールやHmp5↓スケールを使うのがいいでしょう。

どちらのスケールにもラbが入っています。
増2度のインターバルが含まれているのでメロディーを作るときには注意が必要です。

Dm7b5 on Gでもこの2つのスケールが使えます。

スケールの学習はただ理論を学ぶだけでなく
学んだ知識を生かして自分でフレーズを作ってみることが大切です。

サブドミナントマイナーやセカンダリードミナントのときの
コードスケールに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

作曲するときサブドミナントマイナーコードには何のスケールを使えばいいの?
作曲するときセカンダリードミナントには何のスケールを使えばいいの?

コメント

    • 名無し
    • 2019年 8月 08日

    F-/Gは短9度が発生してしまい響きが悪くありませんか?

      • Rio
      • 2019年 8月 08日

      名無しさん。コメントありがとうございます。

      短9度の響きに関して、賛否両論あることは知っています。
      私が調べた限り、あるいは私の作曲の経験上、この響きは頻繁に使われるものではありませんが、
      使用されることはさほど珍しくなくなっていると思います。

      上手に扱えば綺麗なコード進行が作れますので、試してみてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回はKing Gnuの『飛行艇』のレビューを行います。 この曲は、アングラ感や武骨さが前面に出た良…
  2. 作曲をするにしても楽器を演奏するにしても初心者の方が、最初に学ぶ音楽理論はコード進行ではないかと…
  3. 今回は米津玄師の『海の亡霊』のレビューを行います。デジタル配信限定シングルとしてリリースされた海…
  4. 今回はモーダルインターチェンジを使ったコード進行とスケールの使い方を解説します。モーダルインター…
  5. 作曲を行っているときに「Bメロが出来た。でも、次のサビに上手くつながらないなぁ」このよう…
  6. 最近のソフト音源は優れていて、エレキギターのソフトでは様々な奏法が収録されています。キースイ…
  7. インターバルとは、ある2つの音の距離のことをいいます。短3度とか完全5度という表現を見たことある…
  8. 今回は米津玄師の『アイネクライネ』のレビューを行います。蔦谷好位置さんが編曲とプロデュース…
PAGE TOP